「プチリタイヤ」って何!?

「プチリタイヤ」って何!?

「何もしないで月50万円の収入があり、自由な時間を手に入れている状態」

このことを「プチリタイヤ」と定義しました。

「セミリタイヤ」というと雲の上の話だと思うかもしれません。

ですが、月50万円の「プチリタイヤ」ならば、
あなたもちょっと頑張ればきっと手が届くのではないでしょうか。




何もしないで月50万円! プチリタイヤのビジネスモデルの作り方。

では、論より証拠。

私がどのようにプチリタイヤしているかを、図も交えて説明します。

下記の図は、2003年当時に作成したものなのですが、
今の時代でも、ほぼ同じ手法なので、参考にしてください。
(これは、あくまでインターネットを使った場合です。
今回のプチリタイヤ・アカデミーでは、
インターネット以外のプチリタイヤモデルについても、ご紹介しています。)

解説図

1.HP で注文を受ける。

まず、ホームページを作って、そこで注文を受けます。
ここまでは、ごく普通の流れで、いわゆるネットショップと変わりません。
ですが、その次がブレイクポイントです。

2.注文メールを振り分ける。

そう、注文を受けたと同時に、注文メールを、事務代行業者宛てと、自分宛てに振り分けるのです。
あまりにも重要なので、もう一度繰り返します。

注文メールを振り分ける!

ただ、これだけでプチリタイヤできるようになるのです。

3.事務代行業者が梱包・宛名書きをする。

注文メールを受けた事務代行業者は、
商材の中身を段ボールに箱詰めするといった「梱包作業」を行います。
そして、注文をしたお客様の「宛名書き」をして、発送します。

事務代行業者について
事務代行業者に関しては、自社でアシスタントを雇うことで、より楽になります。
現在の石井の状態は、事務代行業者1社にお願いするのではなく、
秘書2人と、発送代行業者の3者にメールを飛ばしています。
このあたりの話は、「プチリタイヤ・アカデミー」の中で、詳しくお話しします。

4.料金代引きサービスで集金してもらう。

その次に、佐川急便などの運送会社に、事務代行業者まで商品を取りに来てもらいます。
そして、運送会社のドライバーさんに「料金代引きサービス」でお客様のところに商品を届けてもらい、商品と引き換えにお客様から代金をいただきます。

「料金代引きサービス」について
この「料金代引きサービス」というのは、
「こちらが商品を渡すと同時に、その場でお客様からお金をいただく」というシステムです。
佐川急便などの会社が、やってくれます。
現在は、クレジットカードで課金して、そのまま発送するという形態が主流です。

5.自分の銀行口座に振り込まれる。

料金代引きの場合は、全国各地から集金されたお金が、自分の(会社の)銀行口座に振り込まれます。
クレジットカード課金の場合は、クレジットカード会社から、お金が振り込まれます。

これが、プチリタイヤのシステムです。

このを使えば、自分は何もしなくても、銀行の預金残高にお金が刻まれていきます。

怪しいビジネスでも何でもなく、普通のビジネスで、
ただ単に、メールアドレスを振り分けているだけです。

「おい!それじゃあ、石井は何をしているんだ!何もしていないじゃないか!」と
お叱りを受けるかもしれません。

確かに、そのとおりです。

私がしているのは、メールチェックだけです。

在庫も家に持っていません。

事務所だって必要ありません。(石井は現在、執筆ルームは借りていますが)

メールチェックをして、「やった!注文が入った!」と喜ぶだけが仕事になるのです。

以前セミナーを行ったとき、「そうは言っても目が疲れるじゃないか!」という(笑)
意見があったのですが、
メールチェックくらいの作業は、許してください。

注文が多すぎて目が痛くなるくらいになったら、
逆にうれしいと感じていただければと思います。

ここで、気づいて欲しいことがあります。

このプチリタイヤのシステムでは、自分は全く働いていないが、
他の人は常に働いているということです。

注文は、ホームページに代わりに受けてもらっています。

梱包・宛名書き・顧客リスト管理は、
事務代行業者と秘書(アシスタント)が代わりに行っています。

商品の発送・集金・振込み作業は、佐川急便やクレジットカード会社がやってくれています。

そう、「何もしないで」というのは、「自分は何もしないで」という意味であって、
言い換えれば

「すべての仕事を、自分以外の人にやってもらってお金を稼ぐ」

ということが、プチリタイヤなのです。

ちなみに私は「経理業務」もアウトソーシング(外部委託)しているので、
毎月レシートを会計事務所に郵送するだけで済んでいます。

「何もしないで月50万円を目指す!」というのは、
「自分は一切働かず、代わりに他の人に働かせて月50万円を目指す!」ということなのです。

プチリタイヤ・アカデミーの申し込みはこちら

石井貴士のプチリタイヤ・アカデミー
(株)ココロ・シンデレラ 渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティー ウェスト 22F
©2021 All Rights Reserved.